次世代のリテール金融を
テクノロジーの力で。

マーケットを
テクノロジーで効率化し、
ユーザーが最適なローンを
選べるようにする

私たちは、テクノロジーの力でリテール金融に革新を起こすFintechスタートアップです。ターゲットはリテールのコア商品である住宅ローン。1,200万件・200兆円にものぼる超巨大マーケットをテクノロジーで効率化し、ユーザーが最適なローンを選べるサービス展開に挑戦してみたい方、是非ともご応募下さい!

募集中の職種を見る

vision

MFSは
住宅ローンを必要とする全ての人が、
最も有利な条件で借り入れ、
借り換えできる世界を実現します。

多くの人にとって
人生最大・最長の
借り入れとなる住宅ローン
勤労世帯のうち住宅ローン利用者はおよそ5割。実は日本人にとって住宅ローンは馴染み深い金融商品なのです。しかも借入額は平均2,500万円と高額で、返済期間も35年と長期に渡ります。
ユーザーのために
ローンをアドバイスする
サービスがない!?
多くのユーザーは全国1,000本以上あるローンを比較することなく、不動産会社が提案するたった2〜3本の提携ローンから選んで借り入れたり、見直しの際は誰からもサポートを得られず自力で比較検討しないといけないなど、ユーザーフレンドリーとは言えない状況です。
未だにアナログな
住宅ローンの
申し込みプロセス
しかも、住宅ローンの申し込みはアナログなまま。申込書に約150の項目を記入する必要があり、しかも紙・郵送・FAXでやり取りが行われ、審査に何日もかかります。
でも・・・

「もし外部DBと連携することで何も情報を入力せずにローン申し込みができれば?」
「もし審査がリアルタイムでできれば?」
「もしボタン一つでローンが実行されて家が買えれば?」

アナログであるが故に、デジタル化の余地は無限大です。それだけユーザーにとてつもないインパクトを提供できるチャンスが残っているマーケットなのです。

service

非効率な住宅ローンファイナンスを
大きく変える、
テクノロジーを活用した
今までにないサービスを
展開しています。

moge check

日本初!融資確率が推定でき、審査に通る銀行から条件の良いローンを選べる住宅ローンマッチングサービスです。全国140金融機関、1,200本以上の住宅ローンから選べます。

メディア掲載

「MFS、住宅ローン融資承認の確率推定 アプリに新機能 」
ー 日本経済新聞朝刊 (2018年1月)

moge check plaza

住宅ローンの相談窓口です。コンサルティングから申込手続きまでトータルでサポートします。銀座・新宿・横浜の3店舗あります。

メディア掲載

「眠る1700兆円放つ」
ー 日本経済新聞 (2017年1月)

moge score

わずか10項目の入力でユーザーの信用力(住宅ローンの返済能力)を判断してスコアリングするサービスです。これによって銀行に申し込む前に借り入れ可能額がわかります。不動産情報サイトHOME'SにAPI提供しています。

メディア掲載

「住宅ローンの借入可能額や適用金利アプリが目安示す」
ー NIKKEI STYLE (2017年7月)

Next Service is...

Fintechと不動産techを融合した
新たなサービスを構想中です。
お楽しみに!

Culture

MFSでは3つのカルチャーを大切に、
ユーザーに分かりやすいサービス作りを心がけています。

シンプル

「洗練をつきつめるとシンプルになる」何事もわかりやすく見せる・説明する。

フォーカス

無駄なことはしない。最も重要なことだけをやる。

フェア

ビジネスの根幹は信頼。ユーザーのためのサービスだから公平にやる。

team

ファイナンス、テクノロジー及び数理分析に強みのあるスペシャリスト達です。

代表取締役CEO

中山田 明

取締役COO

塩澤 崇

CTO

大西 貴之

エンジニア

吉川 大樹

経営企画

浦濱 純一

モーゲージスペシャリスト

大森 賢一

Current Openings

MFSでは様々な職種の人材を積極的に
募集しております。
MFSのビジョンに共感し、その実現を
本気で一緒に目指せる方、
自身のバリューを思う存分に発揮されたい方のご応募をお待ちしております。

MEMBER

  • 代表取締役CEO

    中山田 明

    メッセージ
    当社のミッションは「住宅ローンを必要とする全ての人が最も有利な条件で借り入れできる世界を実現」することです。ファイナンスの専門知識とテクノロジーの力で既存の金融機関にはできない新しいモーゲージファインナンスに挑戦しています。性別も年齢も経験も関係ありません。もしあなたが自分の可能性を信じ、世界を変えられると本気で信じているなら、ぜひ当社の扉を叩いてみて下さい。
  • 取締役COO

    塩澤 崇

    今まで何をしてきたのか?
    モルガン・スタンレーにて住宅ローンの証券化を手掛けていました。その後、ボストン・コンサルティング・グループにて金融機関向けに国内営業戦略立案・アジア進出ロードマップ策定・コスト削減などの戦略コンサルティングを実施していました。
    今、何をしているのか?
    取締役COOとして日々ビジネスをドライブしています。戦略立案・資金調達・マーケティング・広報・採用・当局対応など幅広くカバーしています。
    大事にしていること
    「リソースアロケーション」:リソースが無い中、どううまく事業を立ち上げるかがスタートアップ経営の肝です。何に投資し、逆に何をやらないのかを大事にしています。
    「Have fun!」:人生一回ぽっきりですから"どうせやるなら楽しく"の心を忘れないように心がけています。
  • エンジニア

    吉川 大樹

    今まで何をしてきたのか?
    SIerでSalesforceの導入支援に携わっていました。主にVisualforce/Apexプログラミングを中心に新規機能の開発や既存機能の改修作業に携わりました。Salesforceは2010年から現在まで約6年間経験を積んでいます。
    なぜMFSにjoinしたのか?
    社内管理システムとしてSalesforceを導入していることと、Salesforce社の事例紹介で取り上げられていることで興味を持ちました。社内エンジニアが他にいないということで自分の裁量で開発やカスタマイズを進められることにも魅力を感じました。
    今、何をしているのか?
    Salesforceのカスタマイズと開発が主な業務です。システム開発は開発会社の方にも協力して頂きながら開発を進めているので、社内での要望を開発会社の方に伝える部分を担当することもあります。コーポレートサイトで公開しているプレスリリース記事の投稿も担当しています。
    実際に働いてみてどうか?
    Salesforce開発のスキルが活かせる職場です。既存機能の改修や新機能の開発が多くあるのでやりがいがあります。このような機能があればより便利になるのではないかと思いついた時にそれを提案する機会もありました。
    今後どうしたいか?
    Salesforceの標準機能でまだ導入出来ていない便利な機能がたくさんあるので、検討して導入を進めていきたいです。こうしたらもっと便利になるかもというアイデアもいくつかあるので、そちらも検討していきたいと思います。Salesforce以外にもHerokuやWordpressなどを利用しているので、その分野のことも勉強して自分で対応できるようにしていきたいと考えています。
  • 経営企画

    浦濱 純一

    今まで何をしてきたのか?
    大学卒業後、地方銀行にて金融商品販売・融資業務に従事。その後、都心エリアにて法人融資を主業務として行い、融資業務を並びに各種課題解決業務を行ってきました。
    なぜMFSにjoinしたのか?
    Fintechという新分野にチャレンジしたかったのが大きな理由です。これから、確実に人の働き方が変わっていく上で、世の中の仕組みを大きく変えていけるようなチャンスをMFSに感じました。変化を追われていく側ではなく、変化を創出するようなそんな仕事がしたいと思い、今に至ります。
    今、何をしているのか?
    企画部として業務提携を中心として、サービスの拡大活動を行う傍らで、サービス開発や人材採用のサポートにも携わっています。
    実際に働いてみてどうか?
    毎日が変化の日々であり、いわゆるルーティン業務はほぼありません。ひとりひとりに裁量権があり、企業全体の意思決定がとても早いです。いい意味で大きな企業で働いていたら考えられないことがたくさん起こりえます。
    今後どうしたいか?
    住宅ローンのプラットフォームと呼ばれるべく、現在のサービスをより進化させ、急拡大を行っていきたいです。家を買うための住宅ローン選びではなく、もっとローンを主体的に選べるような仕組みを世の中に創出していければと思っています。
  • モーゲージスペシャリスト

    大森 賢一

    今まで何をしてきたのか?
    大学卒業後、不動産仲介会社での不動産仲介業務に従事。学生時代に学んだ不動産証券化に対する興味からキャリアアップで信託銀行へ転職。信託銀行では信託部門にて主に不動産信託を担当(受益権信託、ABS、CMBS、社債の財務代理人なども担当)。当時、新商品であった排出権信託の案件組成のメイン担当として経済産業省や環境省との折衝等も行っていました。プライベートバンキング部門へ異動し、富裕層客向けの不動産投資ローン業務に従事。最後は営業企画部門に異動し、新商品企画、そして今流行りのFinTech担当をしておりました。
    なぜMFSにjoinしたのか?
    信託銀行のFinTech担当として、FinTech分野に対する大きな可能性を感じていました。 そのタイミングでMFSの話を伺って、「過去の自身の経験を生かしつつ、FinTech分野に関わることができるのはこれだ!」と感じ転職を決意しました。
    今、何をしているのか?
    お客様へのコンサルティングを行い、お客様にとってベストな住宅ローンをご紹介しています。
    実際に働いてみてどうか?
    お客様が必ず喜ばれる住宅ローンをご紹介できており、お客様の満足度の非常に高いサービスなので、 お客様からの感謝の言葉をたくさんいただける環境であり、達成感を感じつつ楽しく働かせてもらっています。
    今後どうしたいか?
    お客様の満足度の非常に高いサービスであり、少しでも多くの方にこのサービスを提供できるように、1日でも早くこの会社を少しでも早く大きくしていきたいと考えております。
  • CTO

    大西 貴之

    今まで何をしてきたのか?
    大学院情報系専攻を修了し、大手報道機関でニュースサイトや様々なシステム開発に、データーセンターでのサーバーラッキング等インフラ構築から、フロントエンドの実装まで幅広くエンジニアとして5年間携わりました。その後、よりエンドユーザーの近くでサービス開発をしたいと考え、スタートアップに創業メンバーとして参画しました。新卒学生向け就活情報インターネットサービス「外資就活ドットコム」の立ち上げに携わり、7年間、CTOとしてインフラ構築からプログラミング、開発のマネジメントや採用、オペレーション体制の構築まで幅広く担当していました。
    サービス立ち上げ当時はハイエンドな就活生のニーズに応えるサービスの決定版がなかったところにサービスを投じてユーザーの反応を元に継続的に改善を重ね、数年後には、毎年2万人の新規ユーザーが登録し、その約8割がアクティブに継続利用し、ほぼ口コミで自然と広まるほどスタンダードとして広く支持を集めていった過程は、非常にエキサイティングな経験となりました。
    今、何をしているのか?
    2018年1月からCTOとして入社しました。新たにサービス開発および開発体制の構築をすすめていきます。
    今後どうしたいか?
    住宅ローンの領域は、アナログな部分が多く、まだまだ効率化されていません。借り手にとっても難解な仕組みとなっています。技術によって効率化・自動化し、借り手であるユーザーにとってよりよいサービスを作れる余地が多分にあります。
    世の中の人々の体験を大きく変えるようなサービスを創り出し、広く使われるようなサービスを世に出していきたいです。